将来 〜数年後の自分〜

楽しい事、嬉しい事、好きな事、自分の嗜好に合った事だけをして過ごしている日々。
時々だけど少し不安を感じることがある。
自分について考えてみると、無力で、とても情けなくて、小さな存在だと思ってしまう。
このままの生活をしていて良いのか?
自分のするべき事って何なのか?
生きている意味ってあるのか?
等など、不安を疑問にしたらキリが無いくらいに出てきてしまう。
でも、ある程度出し尽くすと自分が生きている事に気付く。
だから私の「生」には「何か」意味があるのだろうと少し肯定的な考え方になる。
不安から少しの自信になっていくのである。
そして自分の生活を振り返る・・・ふりだしに戻る。

こんな事を繰り返しているうちに少しずつ自己理解ができている気がする。
自分を知る事は本当に難しい。
特に自分の影、自分の弱いところを肯定するのは誰にでも拒否反応の出ることだと思う。
でも、そうやって大人になっていかなきゃいけない。
ってそう思ってるんだよね。

自分の事がわかる人が大人

どう思いますか?アナタはどうですか?
私はやっと自分の事がわかるようになりたいと思えるようになってきた。
そうしたら数年後の自分ってものも考えるようになってきた。
なりたい職業があるわけでも無いけれど、心理学の方面に進みたい。
大学がホント馬鹿大だからどうなるかわかんないけど。
調査(アンケート)も面白いし、臨床にも興味がある。
心理学の実験だって面倒だけどすごく面白いと思ってる。
だから3年後には何かテーマを見つけて研究していたい。
漠然としてるけど、高校生の時、進路で悩んでいた頃よりは明確になってきてる。
がんばろう・・・

【秘叉華論】へ戻る

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス