【生きてるって事】

私にとって「生きる」とは、「楽しい事」である。
でもそれは、決して人生が、私の生きてきた道が楽しかったからではない事を分かってもらいたい。
あなたは、突然、「幸せですか?」と、聞かれたらどう答えますか?
私には「YES」しか見つかりません。
昔は確かに違ってました。自殺をしようと思った事もあります。でも、今、生きてる。
幸せじゃなかったら、楽しくなかったら、私はこの世に存在していない。
過去を振り返るとそんな気がしてきます。
今が不幸だと悩んでいる人がいたら、なぜ生きているのか不思議になります。
不幸な気持ちを持ったまま、楽しい事なんてないって言いながら、長い人生の街道を歩く元気は私にはありません。
誰だってそうかもしれないけど、楽しい事があるから自然に生きていられる。
もし、全然楽しくなくて、全然幸せじゃないなら、その人はもう死んでいるから、生きているなら「不幸だ」なんて悩まなくていい。
悩んでたって、遊んでたって、ボーっとしてたって、同じように明日は来るんだもん。
みんな生きてるんだから。
明日を迎えるのは生きているから。
私にとって生きている事が幸せなのは「今」だけじゃない「幸せ」があるから。
今日が楽しかった。
昨日はのんびりできた。
明日も素敵な事があるかもしれない。
そんなちいさくてどうしようもない「幸せ」がいっぱいある。
考え方が単純で羨ましがられる事もあるけど、それって私だけの特権じゃないよ。
生きていて楽しい事、幸せなことがなかった人なんていないよね?
その幸せをもう一度味わうためだけにでも生きている価値ってあるんだよ。
だから皆生きることを苦に思わない。
ならなぜ死んだ人はなぜ死んだんだろう?
人生に飽きたから。
地球で人間として生きることが飽きちゃうと次の居場所が欲しくなる。
それで旅をするんだね。
新しい一生へ「輪廻転生」
仏教の教えだけど、転生する場所はココじゃないかもね。
他の場所で他の生命体になって新しい幸せを見つける。
そんな気がする。
今の人生、まだ飽きれないよね。
まだまだ楽しいんだもん。

【秘叉華論】へ戻る

女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス